トップ > ブログホーム > カテゴリ:武蔵丘短期大学 の一覧

タグ

アーカイブ

森 翔平 さん

森 翔平 さん

健康生活学科 健康スポーツ専攻 2015年卒業 千葉県立 茂原 高等学校出身

埼玉県東松山市立 野本小学校
小学校臨時採用教員
〒355-0036 埼玉県東松山市下野本650-2
TEL 0493-22-0517


2年間で教員資格を取得できること
「武蔵丘短期大学に進学を決めたのは短期間で教員資格を取得できることが決め手となりました。」と話す森先生。
「実は4年生大学の1年在学中に、短期間で教員免許を取得できる武蔵丘短期大学を知り、教員資格取得のために急遽ムサタンに入学しました。」

現在は東松山市立 野本小学校で教員として活躍中。

やはりやりがいを感じるのは、子供達が喜んでくれた時。
「仕事にあたっては、周りの人たちに恵まれているので、辛い時や苦しい時もいつも周りの人が助けてくれます。
周りの方々に日々感謝し、楽しみながら子供たちのために頑張っています。」

「今後は、中学校の体育の教員になることが目標です。夏頃に教員試験があり、倍率もかなり高く大変だと思いますが頑張ります!
教員というととても堅いイメージがありますが、楽しんでいこうと思います。」

森先生を取材中もカメラマンと一緒の森先生に生徒たちからは「森先生って有名人なの?」と楽しそうに質問されている姿に、親しみやすさを感じました。
とても活き活きとした森先生!
ますますのご活躍期待してます!

 

///////////////
埼玉県東松山市立 野本小学校
ノーベル物理学賞 受賞 を受賞した梶田 隆彰 氏が1971年に卒業した小学校です。
「ニュートリノは極小の素粒子の世界と極大の宇宙を結ぶかけ橋」…
野本小学校の入り口には立派な記念碑があります。

今井 美帆 さん

今井 美帆 さん

健康生活学科 健康スポーツ専攻 2015年卒業 北海道私立 北海道大谷室蘭 高等学校出身

→ ルクレMYFC #3 DF
静岡県女子サッカーリーグ
株式会社 藤枝MYFC
〒421-0111 静岡県静岡市駿河区丸子新田 317-1
TEL 054-268-3020

高校時代に感じた魅力を求めムサタンへ

自分が高校生の時、遠征で武蔵丘短期大学と試合をしてサッカーを楽しみながらやっている姿を見て、雰囲気が良く、この大学で他の大学と違ったサッカーをしたいと思い進学を決めました。

学生時代は毎日サッカーに打ち込み、インカレベスト4になったことが一番の思い出です。足元の練習が多く、ポゼッションが今も役立っています。
家族やサポーターの応援があるから頑張れる
新しい生活が始まり、知らない街で道もわからず不安もあったけど、前職が営業だった事もあり、そのときの経験を生かしいろんなところに出歩きました。つらかった事は膝の怪我を2回もしたこと。怪我は辛く、しんどかったけど応援してくれている人がたくさんいたので、それに「答えたい!」という思いと、親には迷惑かけっぱなしだったので、「サッカーで恩返ししたい!」と思いながら、次のシーズンに向けてリハビリを頑張っています!!
家族やサポーターの方、身の回りの方が応援をしてくれているから乗り越えてこられました。
今後の夢
自分はサッカーが出来ていない日が長かったけどこれをチャンスだと思い、今はリハビリをしっかりして、応援してくれるたくさんの方の為にも少しでも早く復帰してピッチで楽しくサッカーをプレイしている姿を見せ、チームに貢献したいです。自分も成長しつつチームも成長し、頑張りたいと思います。

成島 梓 さん

成島 梓 さん

健康生活学科 健康スポーツ専攻 2015年卒業 静岡県私立 常葉学園橘 高等学校出身

→ ルクレMYFC #15 MF
静岡県女子サッカーリーグ
株式会社 藤枝MYFC
〒421-0111 静岡県静岡市駿河区丸子新田 317-1
TEL 054-268-3020

今のチームでなでしこリーグに昇格が目標です!

インカレでベスト4に!!
高校生の時、練習試合でムサタンと試合をしたことがありました。その時とても魅力あるサッカーをしていて楽しそうだな、この中でプレーしたいな、と思い進学を決めました。在学中はサッカーばかりで、チームのみんなで行ったロンドン遠征や、インカレでベスト4に残れたことが忘れられない思い出です。
サッカーを第一に考えられる環境
会社では、自分にとってとても良い環境を提供してもらえています。残業なしなどいろいろな面で考慮していただき、サッカーを第一に考えていただいています。環境を整えていただいている分、しっかりと仕事をこなすことを心がけています。
今後の目標
今のチームで、なでしこリーグに昇格することです!!

畑中 裕希乃 さん

畑中 裕希乃 さん

健康生活学科 健康スポーツ専攻 2014年卒業 青森県私立 八戸聖ウルスラ学院 高等学校出身

→ ルクレMYFC #11 MF
静岡県女子サッカーリーグ
株式会社 藤枝MYFC
〒426-0041 静岡県藤枝市高柳 2310
TEL 054-634-1000

サッカーでも社会人としてもスキルアップを目指して

周りの応援があるから両立ができる。
サッカーとフットサルが同時にでき、さらに体育の教員免許を取得できる!ということを知りムサタンに進学を決めました。在学中は、サッカー公認C級コーチや健康づくり運動に関する勉強を主にやってきました。今の会社に入社することできた理由のひとつでもあります。会社では、社内の方たちと関われる仕事を任せてくださっているため、たくさんの方とコミュニケーションをとることができています。そのおかげもあり、土曜日の出勤日が私の試合と重なったときなどは声をかけてくださったり、応援の言葉をいただいたり、試合を観に来てくれたりもします!みなさんの応援と優しさがとてもうれしく感じます。
人はまわりに助けられて成長する。どんな時も感謝を忘れない。
つらかったこと、苦労してきたこと、たくさんの人に話を聞いてもらいたいたくさんの意見をいただき乗り越えてきました。1人じゃできないことわからないことたくさんありますが助けられて成長できる部分もあるのだと感じました。まわりの方々に助けられて今の私がいると思います。どんな時も、感謝の気持ちは絶対に忘れません。
これからの目標
今やるべきこと後悔しないよう日々努力を惜しまず、自分のスキルアップはもちろん、サッカーだけではなく社会人としてもいろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。
また、女子サッカー選手の職業の状況やサッカーの練習時間など、もっと現実の状況を知ってもらいたいと思います。

原田 実歩 さん

原田 実歩 さん

健康生活学科 健康スポーツ専攻 2014年卒業 静岡県私立 常葉学園橘 高等学校出身

→ ルクレMYFC #1 GK
静岡県女子サッカーリーグ
保育給食栄養士 ゆりかご保育園 (2016年12月迄)

インカレベスト4 サッカー人生で大きな経験となりました

ムサタンの女子サッカーチームを中学・高校のコーチに紹介してもらったことをきっかけに、大学リーグ1部に所属していること、また栄養士の資格が取れることが決め手となりムサタンに進学を決めました。2年生の時、インカレでベスト4に残ったことは自分のサッカー人生の中でも大きな経験になりました!栄養士を目指す学業とサッカーの両立は本当に大変でしたが、今の仕事にも繋がっているし、栄養士の資格を取得できたことが本当によかったです。

「おいしかったよ」の言葉がとてもうれしい!!

作った給食を子供に直接「おいしかったよ!」って言ってもらえることがとってもうれしいです。子供との会話にはきちんと耳を傾け、「話をすること」を大切にし、また給食を食べているところを直接見て喫食状況も確認し、次の給食作りの参考にします。今の仕事も、学校生活もまわりの先生にとても助けてもらいました。人に相談することで解決できることもありますし、更に手伝っていただくこと、助言をいただくこともあります。周りの支えがあり、乗り越え今に繋がっています。

今後の目標
栄養士としての知識を更に身につけ、自分自身やチームメイトへ活かせるようになりたいです。

石井 妙子 さん

石井 妙子 さん

健康生活科 体育専攻 1997年卒業 埼玉県立 本庄第一 高等学校出身
取締役 統括部長 コンディショニングトレーナー

〒151-0053 東京都渋谷区代々木 1-21-16 アジリア代々木J’s 901
TEL 03-6304-2474

GoogleMap
在学中の経験が今の仕事へ繋がっている
サッカーに夢中の学校生活
純粋にサッカーがしたい!という希望の中、学校を探しました。ムサタンのサッカー部監督だった先生に声をかけて下さった事をきっかけに、高校の監督が勧めて下さった事、スポーツを学びたかった事、家から通える所、何よりもサッカー部の雰囲気が良かった事などからムサタンに入学を決めました。
在学中はサッカーの事ばかりでした。しかし大きな怪我をして、トータルで半年以上サッカーが出来ませんでした。そんな怪我をしている時に、サッカー部強化へと移り変わっていく中、サッカーに対する想いと、身体に対する興味が深まりました。そんな当時の出来事が今の仕事へと繋がっていると思います。
新しいことを覚えることが楽しい。コミュニケーションの大切さを感じています。
最初の仕事は自分の得意なサッカー担当とは別の競技でした。他の競技はわからない事だらけで…質問したり調べたり、人から沢山勉強させて頂きました。分からない事だらけが楽しくて、新しいことを覚えるのに夢中になりました。他の競技を勉強した事で自分の幅が広がったと思っています。
指導いただいた先輩方のお陰で今でも様々な方に沢山のアドバイスを貰っており、
コミュニケーションの大切重要性を感じています。好きなサッカーに携われている時はもちろん、身体が楽になったと喜んで貰えた時、自分が作成したトレーニングメニューが全国各地で色々な年代の選手達が楽しんで使ってくれる、求めて貰えていると思えると、もっともっと!と、仕事にも意欲が沸きます。人に喜んで貰える事が、自分の歓びになっています。
師匠からの教えを胸に今後の更なる飛躍をめざす
熱意、情熱、素直さを忘れないようにと、師匠から教わった事を心掛けています。熱くなると、早口になってよくカムので気をつけています。
今後は活動をもっと全国各地に深く広く広めたいです。またこの仕事に興味を持ってくれる仲間を増やしたいです。
後輩へメッセージ
学生時代にしか出来ない事を楽しんでください。社会人になってから最初は学生時代が恋しいのですが、友達や経験がより大切なものになると思います。

宮川 杏奈 さん

宮川 杏奈 さん

健康生活学科 健康スポーツ専攻 2010年卒業 新潟県立 高田商業 高等学校出身
ビーチバレーボール選手
〒943-0817 新潟県上越市藤巻 8-13
TEL 025-525-4121


私にしかできない、私のビーチバレーがある。


ムサタンで過ごした日々がいまの私の原点

自分の実力を試したいけれど、正直、大学で4年間バレーボールを続けるのはしんどいと考えていたときに、先生の紹介で武蔵丘短期大学を知ったんです。地元の先輩が通っていたこともあり、またビーチバレーに興味があったこともあり、いろいろな理由が重なってムサタンに入学しました。学生時代の思い出は・・・一言ではとても言い表せません。たくさんの人と出会い、別れ、喜び、傷つき、学んだことがあまりに多すぎます(笑)。部活を辞め、バイト三昧で授業に出てない時期も正直ありました。一般的に言う“素晴らしい学生生活”とはかけ離れた姿だったかもしれませんが、それでも私にとってムサタンで過ごした二年間は宝物。担任の先生や仲間の助けがあって卒業できたことや、ビーチバレーの選手として現役に戻る覚悟を決めた日のことなど、いまの私を形作るすべてがあの二年間に詰まっています。

いまの夢は新潟からの日本一

今は企業に属していますが、私のなかでは仕事と考えているのは、やはりビーチバレー。責任を持った活動や試合での勝利こそ、私が果たすべき義務だと考えています。いまの夢は日本一。しかも新潟からの日本一です。正直、新潟からだと遠回りだと思います。私と同じ道を進もうとしている人がいたら、もっと近道があると教えるでしょう。ただ挑戦してみた感触として、「不可能ではない」というのがいまの率直な意見。だからこそ全力で夢に向かって進もうとしています。大事なのは「一人ではない」ということ。全力で頑張っていれば、自然と味方が寄ってきてくれます。一人で限界を感じたときは、その人たちの力をお借りして、さらに想いを背負って前に進めばいい。私にしかできない、私のビーチバレーで戦うことがいまは一番大切です。

Q.後輩へのメッセージ
A.人はかならず変われます。それこそ短大の仲間が今の私を見たら、あまりの変わりぶりに驚くでしょう。小さな勇気を出せるか、一歩その足を踏み出せるか、ちっぽけなプライドを捨てられるか、自分を想ってくれている人の言葉を素直に受け止められるか。これらすべてを実践できたなら、ぜったいに変われます。

 

小野 貴江 さん (旧姓:中村)
健康生活学科 体育専攻 1997年度 卒業
神奈川県 私立 鶴見大学附属 高等学校出身

整体 リラクゼーションサロン
Re・Pure(リピュア) 経営
〒700-0825 岡山県岡山市北区田町2-1-3 B-HOUSE302
TEL 086-225-7728

GoogleMAP


 

学生時代の経験は、すべて未来の糧になる


ムサタンでの学びと現在の仕事は一本の線でつながっている
高校時代に通っていた塾の先輩が武蔵丘短期大学に進学し、とてもイキイキと楽しそうだったんです。学校選びで重要なのは、入学パンフレットに書かれていることではなく、やはり身近な人の話。その点、ムサタンは先輩の表情から、いい学校であることがひしひし伝わってきたので、私も進学を決めました。学生生活でもっとも記憶に残っているのは、キャンプ指導員の資格を取得するために参加した福島でのキャンプ。森の中、一人で過ごすソロビバークは初めての体験で、人生観を変えるほど貴重な時間でした。また授業でテーピングについて学んだのですが、卒業後にキネシオテーピング教会のライセンス取得につながり、そして現在の仕事にも活きています。ムサタンでの学びといまの仕事が、一本の線でつながっているように感じています。

仕事を通じて知った「成長とは経験の数である」

リラクゼーションサロン「Re・Pure(リピュア)」をオープンして15年になります。オープン当初は、家事と育児、そして仕事の両立が大変だったのですが、大好きな仕事と、お客様からの「ありがとう」に支えられ、なんとかここまでやってきました。苦労もありましたが、その分、成長したのは確か。成長とはつまり経験の数だと、身を持って実感しています。自分自身がお客様と接することが好きなので、オーナーとして店を大きくする、増やすというよりも、現場でお客様からさらに多くの「ありがとう」を聞けるようにがんばるのが目標ですね。学生の皆様には、今の経験がすべて未来につながっていることを知っておいて欲しいです。学業も、バイトも、人間関係も、そして遊びもすべてが未来をつくる大切な要素。あらゆることにチャレンジし、さまざまな経験を積んでください。

Q.夢を教えてください
A.カラダだけではなく、ココロまでも元気にできるセラピストになることです。

 

 

乃一 綾 さん

乃一 綾 さん

健康生活学科 健康スポーツ専攻 2010年卒業 東大阪市立日新高等学校出身
岡山湯郷Belle 所属 #19 MF
山陽新聞
津山支社 編集部 勤務
〒708-0051 岡山県津山市椿高下119-2

スタイルは引き継ぎながら、さらに強いシエンシアを見せて欲しい

新生シエンシアに特別なエールを
武蔵丘短期大学への進学は、両親に勧められたこと、また短期大学ということが決め手になりました。
学生時代の思い出と言えば、もうサッカーのことばかり(笑)。とくにインカレでの準優勝は、それまでの練習の日々も含め、自分のなかで大切な記憶となっています。だからこそムサタンのサッカー部「シエンシア」は、私にとっていまでも特別な存在。河合監督の退任を聞き、今後のシエンシアについて少し心配している部分もありますが、パスサッカーのポゼッションのスタイルは引き継ぎつつ、さらに強いシエンシアと生まれ変わって、私たちOGを安心させてほしいです。
向上心があったからここまで来ることができた
現在は山陽新聞にて、読者文芸や俳句などの記事のデータ作成を担当しています。私が関わった作品が新聞に載ったときは、サッカーとはまた違ったやりがいが味わえました。所属チーム「岡山湯郷Belle」では、日々の練習から緊張感があり、1試合ごとに成長していく自分を実感しています。今の自分があるのはチームメイトや家族の支えのおかげではありますが、同時に、自分自身の向上心もあったから。これからもこの向上心を忘れず、さらに技術を磨いていきます。私自身のためにも、そして岡山湯郷Belleを応援してくださっている皆様への感謝を形にするためにも、このチームでリーグ優勝を目指します。
Q.後輩たちへのメッセージ
A.短大の2年間は本当にあっという間。ぜひ毎日を大切にし、充実した学生生活を送って欲しいと思います。

/////////////
前所属チーム:伊賀FCくノ一 (2011-2016)
http://www.goto.ac.jp/blog/?p=1421

久保 奈々恵さん

久保 奈々恵さん
健康生活学科 栄養専攻 2011年度 卒業
長野県立 小諸商業 高等学校出身

株式会社 丸昌
晴れ着の丸昌 大宮店
商品課 七五三担当
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町 1-45-1
TEL 048-641-3888

GoogleMAP

一人でがんばるだけでなく、

まわりに手伝ってもらうことも大切です。


内容の濃い二年間が過ごせるムサタン。
中学、高校とバスケットボールに夢中になっていたため、卒業後はスポーツに関係する勉強をしたいと考えていました。なかでも武蔵丘短期大学は、他の専門学校や短大に比べて選択できるコースが多く、興味のある科目がたくさんあったため進学を決めました。もっとも思い出深いのが、二年生のときの教育実習。いま振り返ってもあまりうまい授業ではなかったと思いますが、生徒から「勉強になった」「楽しかった」と感想をもらったときは感無量でしたね。ムサタンでのキャンパスライフは内容の濃い二年間でした。一生付き合いたいと思える仲間がたくさんできましたし、充実した学生生活を送りたいなら、心からおすすめしたい学校です。

お客様一人ひとりに真摯に向き合う接客を。
現在は貸衣裳の会社の商品課に勤めています。大切な記念日を彩る衣裳ですから、お客様はみなさま、選ぶのに長い時間をかけられることがほとんど。私も一緒に考え抜き、最高の一枚を選ぶようにしています。ですから「おかげで素敵な着物を選べました」と言っていただけるのが何よりの喜び。返却の際に、お礼の手紙が入っていたりすると、この仕事をしていて良かったと心から思えます。これからも「特別な日の、特別な衣裳」であることを忘れず、お客様一人ひとりに真摯に向き合っていきます。私の成長が、さらなるお客様の笑顔につながりますから。

Q.大変なとき、つらいときの乗り越え方
A.一人でがんばっても解決しないときは、周りに相談して意見をもらうようにしています。「手伝って欲しい」と素直に言える姿勢も大切ですよ。

ページトップへ戻る