トップ > ブログホーム > カテゴリ:武蔵野調理師専門学校 の一覧

タグ

アーカイブ

宮田 誠 さん

宮田 誠 さん
調理師科 1989年度卒 埼玉県立 三郷北 高校出身
イタリア食堂 nono~ノノ~ 代表取締役
〒341-0050  埼玉県三郷市彦野2-59-1
TEL: 048-954-2886
営業時間
ディナー 月~金 17:00〜22:00 (L.O.21:30) 土・日・祝 15:00~22:00 (L.O.21:30)
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)

一流の講師陣が魅力で武蔵野に決めました
当初は大学進学を考えてましたが、調理師の資格や技術の習得を考え、進路変更。
武蔵野調理師専門学校には、帝国ホテルの村上シェフが指導に当たるなど一流の講師陣が魅力で進学を決めました。 
在学中は、とにかく厳しく指導して頂いたことを記憶しています。
コックコートの着用方法や挨拶などを含めた言葉づかいなど、時には現場に即した指導も頂きました。

2006年 イタリア食堂 nono 〜ノノ〜 三郷にOPEN
お客様はリピーターの方が多く、支持してくれる方が多いことには大変感謝しています。
今後も地元に根付いたお店を運営し、若手の育成と安定した経営ができるように頑張っていきたいと思います。

後輩のみなさんには、憧れだけでは挫折することもあると思います。
5年先のことを考えて、自分が本当に成りたいことを考えて欲しいと思いますね。

富岡 孝信 さん

富岡 孝信 さん
調理師科 1979年度卒 千葉県私立 柏日体 高校出身
〒271-0091  千葉県松戸市本町25-5 第8玉屋ビル2F
TEL: 047-368-1031
営業時間 11:30~14:30 / 17:30~21:30
ランチ営業 (定休日:日曜日)

父が調理関係の仕事をしていたので、料理は好きでした。
高校の先生の進めもあり武蔵野調理師専門学校に進学を決めました。 
在学中の思い出は、研修旅行でみんなと富士山に登ったことを今でも覚えてます。
また夏休み中のホテルなどへの研修では、実際の現場で様々な経験をすることが出来、今の仕事につながっていると思いますね。

富岡さんは、自身が31歳の時に 【ビストロ アンシャンテ
を地元 松戸にオープン。
26年目をむかえ、地域に密着し営業を続けてます。 
今後は後継者の養成にも尽力したいと話していました。

「続けること!」
この世界をめざす後輩の皆さんには、現場に出ると厳しいことは沢山あると思いますが、
地道に続けることを目標に頑張って欲しいと思います。

とても大事そうに、当時の卒業アルバムを手にとりながら、取材に応じてくれた富岡さん。
今も武蔵野の同級生と連絡を取り合っているとのこと。。
学校には同窓生との繋がりを深められるような、ネットワークを築いて欲しいとのメッセージを頂きました。
ありがとうございました。(PRESS)

星 真帆 さん (旧姓:小野田)

高度調理経営科 1998年度卒 福島県立 磐城桜が丘 高等学校 出身

食・ネットワーク株式会社
イタリア料理とワインの店 テラッツァ (terrazza)
シェフ

〒970-8047 福島県いわき市中央台高久 1-13-3
TEL. 0246-29-8810

Google Map

幅広く学べるプログラムのある学校 武蔵野へ進学を決めました
学校選びにはインターネットを利用し、東京都内にある学校を検索。武蔵野調理師専門学校を含めた3校を選択しました。それぞれの学校のオープンキャンパスなどに出席し学校を比較しました。
様々な有名な講師の先生の授業や、2年間のカリキュラムがあり幅広くしっかりと学べるプログラムに魅力を感じ、武蔵野に進学を決めました。
在学時、夏休み中にはホテルなどの研修もあり、学生のうちに現場を体験するとてもいい経験になりました。研修先ではクラスを越えての友達もできました。
他にはヨーロッパ研修旅行や保護者を招いての賞味会などはとても印象に残っています。
家庭では味わえないものを提供したい
私のお店ではオープンキッチンの様なつくりなっており、直接お客様と対話でき要望や好みなどもその時に伺ったりしています。
素材の味を活かしながら家庭では味わえないものを提供したいという思いから、一手間一手間を大切に仕事をしてます。お客様から帰り際に美味しかったと言っていただけること、その一声が何よりもうれしいです。
遠方からご来店いただくお客様も多いのですが、ご近所の方にも気軽に歩いてご来店頂けるような、「あの店にまた行きたい!」と思ってもらえるような地域に密着したレストランになっていきたいと思っています。
調理師を目指すみなさんへ
この仕事は、長時間の労働になることもありますし上下関係が厳しい面もあります。しかし自分の頑張りしだいで色んな可能性があり、飽きることのない職業だと思います。楽しみながら頑張ってください。

宇佐美 太 さん

宇佐美 太 さん

調理師科 1999年度卒 岐阜県立 岐山 高校出身

〒500-8468  岐阜県岐阜市加納桜田町3-8
TEL: 058-271-0637
営業時間
11:30~13:30
17:30~22:00
ランチ営業、日曜営業 (定休日 水曜日)

短期大学に在学中にアルバイトで料理を経験しました。その時に料理にとても興味を持ち 実家もお店を経営していた事から本格的に考えるようになりました。
また東京で学びたい気持ちが強かったこともありました。

武蔵野調理師専門学校へは場所の確認をしに行きました。設備なども大きくてしっかりした学校は武蔵野と服部ぐらいかなぁと考えていました。
在学中に学んだことは今でも全て役に立っています。特に全般的に基本をしっかり学べたことはとてもよかったと思っております。 年代の違う学生もいたので授業中にざわつくこともありそのことを注意したりしたことも記憶しています。 卒業時にはそのことを感謝してくれた生徒もいました。(笑)

やはりお客様から”おいしい” といっていただくことはとてもやりがいを感じます。
私のお店は特に常連さんが多く口コミを中心とした宣伝方法になっています。リーズナブルな価格帯の中で最大限に良いものを提供することを考えています。 なんといってもお客様が満足していただけるように考えています。正直利益は二の次になってしまってます。また年配のお客様が多いため特にニーズを聞きながら提供をしています。
今後もお客様から喜んでもらえるようなお店を続けていきたいと思っています。体力の続く限りやりたいと考えています。
料理の世界は厳しいことも多いと思いますがそれを乗り越えると先が見えてくると思います。しっかりと目標を持って頑張っていただきたいと思います。

野田 明 さん

野田 明 さん

調理師科 1972年度卒 東京都私立 東洋商業 高校出身
→ 有限会社 うづ乃屋 代表取締役社長

〒772-0053  徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-3 門公園千畳敷
TEL: 088-687-0150
営業時間
9:00~17:00
ランチ営業、日曜営業、無休

武蔵野調理師専門学校は親戚が在学していたため知っていました。
親の勧めもありお店を継ぐことももちろん考えておりましたので、迷わず武蔵野へ入学をしました。 在学中は学びはもとより、よく遊んでいたなぁと思います(笑)
6名ひとグループで行う調理実習を記憶していますが、実際に実習に当たるときは、全員が行うわけではないので、不便を感じたこともありましたが、逆にそのことも含め、その後には役に立つことがあるように感じます。

鳴門という土地がら、明石大橋が開通するという情報が平成5~6年頃にはありました。そして店内を改装増築などを平成6年に行いましたが、平成7年阪神淡路大震災により、お客様の足は遠のき運営は非常に大変でしたが、支えてくださる皆様のおかげで、それを乗り越え現在は安定しております。
やはり仕事していく上で心がけていることといえば、若い頃にお世話になった人、
「義理人情」を重んずることです。
職人とはやはりそのことが非常に重いのではないでしょうか。 私自身夢や目標はたくさんありますが現在は早く隠居したいなぁ(笑) なんて考えることもあります。
実はつい4~5年前、自分自身で製菓を学びたくなり辻製菓調理専門学校へ入学を致しました。 その時は原価計算や食材の使用方法などレシピについても学びたいと考え入学をいたしました。 今後この業界に入ってくる方がたは、とにかく直ぐにあきらめないでほしいですね。
目標持って頑張ること。特に最終的には自分でお店を持ちたいと考えられるようなことから頑張っていただきたいと思います

伊芸 豊洋 さん

伊芸 豊洋 さん

調理師科 1999年度卒 東京都立 大山 高校出身

〒531-0076  大阪府大阪市北区大淀中1丁目17−6
TEL: 06-6486-9212
営業時間
11:00~14:30
18:00~22:00
武蔵野調理師専門学校へは見学に行き進学を決めました。
高校の時から料理には興味があり、自宅から近いことも進学を決めた理由です。

以前勤務していたところで大阪などに転勤することもあり2~3年のつもりがこちらでお店をオープンするまでに至りました。
在学中に学んだことは今も全て役に立っているように思います。特にひと通り学べた事、基本的なことを学べたことがとても良かったと思います。また一流の先生方からも教えていただけて、よかったと思います。
やはりなんといってもお客様から「おいしかったよ」と笑顔で言っていただけるときは仕事のやりがいを感じます。 自分自身料理が好きなことなので苦労だと考えたことはありません。
お店のこだわりは麺も全て作っています。自家製麺の機械を導入して作ってますので、それが一番のこだわりです。

今後の目標としては大阪でもう1店舗出店し、運営が安定した時には、 東京の激戦区である池袋にもお店を出したいと考えています。

私自身は学校の成績も悪かったですし就職活動もしませんでした。
同級生のみんなはホテルを中心に就職活動を行っておりましたが、 私はラーメンがとても好きだったので修行も含めて頑張れたと思います。長時間の労働もしんどいとは感じることはありませんでした。みなさんも目標を持ってやっていただきたいと思います。 頑張ってください!!

小泉 英明 さん

小泉 英明 さん

調理師科 1988年度卒 埼玉県市立 川口 高等学校 出身
ホテルオークラ東京
中国調理部 中国調理課
桃花林 キッチン

〒105-0001 東京都港区虎ノ門 2-10-4
TEL. 03-3582-0111

Google Map

武蔵野調理師専門学校に進学したきっかけ
高校時代に飲食店でアルバイトをしたのがきっかけで、料理に興味を持ち進学を考えました。
就職実績と自宅から通うことが出来たことから、武蔵野調理師専門学校に入学しました。
学校では中国料理がやりたくて入学しましたが、それ以外にも洋食や日本料理の基礎も学ぶことができて、とても良かったと思います。現在でも役立つことが多いですね。
仕事の心がまえ
現在、冷菜を担当しております。また、お客様の前で北京ダックを切り分けるなどのサービスや、料理の説明や質問をお受けすることもあります。近年、食べ物による事故を耳にすることも多くなってきました。料理を作るだけでなく、衛生管理の徹底も心がけています。常に気合を入れて調理やサービスを行っているので、1日の仕事が終わった時ホッとします。新本館オープン成功の為にも、これからも真摯に仕事に向き合っていきたいです。
調理師を目指す後輩の皆様へ
「こんなはずじゃない」「他の仕事がしたい」と何かを覚える前から辞めてしまう人を多く見てきました。料理人になるんだ!という心構えをしっかり持って目指してください。

文後 雅昭 さん

文後 雅昭 さん

調理師科 1990年度卒 東京都私立 駿台学園 高等学校 出身
ホテルオークラ東京
洋食調理部 洋食調理二課
コールドキッチン シェフ

〒105-0001 東京都港区虎ノ門 2-10-4
TEL. 03-3582-0111

Google Map

武蔵野調理師専門学校に進学を決めたきっかけ
父が和食のお店を経営しており、昔から調理師という職業にはなじみがありました。そんな父の影響もあり調理師を目指し、1年で調理師免許の取得も出来ることから武蔵野調理師専門学校に進学しました。安易かもしれませんが、料理人の姿や、料理が「かっこいい」という理由で洋食の調理師になろうと決めました。直感って大切ですよね。

良い料理を作るにはスタッフ同士の協力も大切
お客様から「おいしい」や「ありがとう」などのお言葉をいただいた時、また、美味しいものが作れたとき、とてもうれしく、やりがいを感じます。今は、ホテルオークラ東京内の様々なレストランで経験を経て、オードブル全般を作る仕事を任されています。常に前向きな姿勢で仕事に取り組み、調理技術だけでなく人間関係も大切にし、先輩や後輩、スタッフ同士コミュニケーションをとり、より良い料理を作り上げられる事がこれからの目標でもあります。

調理師を目指す後輩へ
調理師の世界は甘くないです。調理師として社会でスタートしても学生の意識のままだと、
「仕事」とのギャップで、入社しても辞めてしまう人たちを見てきました。ですが、今まで想像もできなかったようなお客様へお料理を作らせていただく機会もあります。ぜひ学校では調理師として働く術をしっかり学び、社会に出る準備をしっかり行ってください。
頑張ってください。

桐原 学 さん

桐原 学 さん

調理師科 1982年度卒 島根県立 松江北 高校出身
有限会社プリムール

〒690-0887  島根県松江市殿町 43 カラコロ工房
TEL: 0852-20-6627
ランチ 11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
ディナー 17:30~23:00(ラストオーダー22:00)
武蔵野調理師専門学校に進学を決めたきっかけ
高校卒業後、広島の大学に通っていましたが、どうしても料理人になりたかったこと、そして東京で学び・働きたかったことなどの理由で、専門学校関係の資料を調べ、武蔵野調理師専門学校を見かけたことがきっかけでした。在学中は学校の寮で生活をしており、寮監と当時の担任がとても厳しかったのを覚えています。そして自分に向き合って真剣に叱って指導してくれたこともまた忘れられない思い出です。

仕事への取り組み
料理人なのでやはりお客様に料理で感動してもらえたり、お褒めのお言葉をいただいたときは大変うれしく思います。今は厳しい指導だけでなく、楽しく・長く働けるよう、スタッフが働きやすい職場であるよう考えて仕事に取り組んでいます。

思いの強い夢は、現実になる
元々はホテルで働いており、そこから街場のフレンチに転職しました。あまりの厳しさと給料の安さなどで一旦は挫折しました。
…が、それでもフランスへ行く!
という夢をあきらめなかったことで、そのチャンスは突然やってきました。思いが強いと夢は実現します。チャンスも訪れます。身をもって体験しました。

調理師を目指す後輩へ
料理人の多くは挫折を経験しています。しかし、思いが強ければ、夢は必ず実現します。と思っています。頑張って!!

林 亮治 さん

林 亮治 さん

調理師科 1996年度卒 島根県立 松江南 高校出身
有限会社 桃仙閣 代表取締役社長 総料理長
株式会社 sazen 代表取締役社長
→ Jasmin

〒690-0044 島根県松江市浜乃木6丁目13-1
TEL: 0852-21-3946
営業時間: LUNCH 11:30~14:30 DINNER 17:00~21:00

Google Map

進学のきっかけ
東京に兄が居り、自分も料理を学ぶなら東京でと思い 2校見学に行き、就職先の選択肢が充実していると思い武蔵野に決めました。
学校生活はもちろんいろいろな思い出がありますが、毎日学校が終わってから飲食店でアルバイトをしていたことも印象に残っています。自分はできる限り早く仕事が覚えたいという一心で日々過ごしていたので、接客、厨房問わず様々なアルバイトの職務にあたりました。武蔵野調理師専門学校は就学時のアルバイトの紹介先も充実しているのでとても良かったです。

つらいと思っていた仕事も、当たり前にこなせるように
武蔵野を卒業して就職し、最初の半年は身体も、心も大変な時期でした。
高校の時から実家でアルバイトをしていたことや、専門学校時代もアルバイトに従事していたのもあり、《そこそこできるかも》と思っておりましたが、社会に出ると自分の未熟さを感じ、本当の厳しさを知ったように感じます。
しかし、日々考え、反省し、改善して1年経ったときには、最初辛かったこともすべてが「当たり前」になります。
どんな職業でも必要な「我慢強さ」というのは、この若い時でないと得ることが難しいと思っております。最初の一年は仕事ができるようになりたいという感情は持ちつつも、焦ることなく、ただただ《我慢する》ということをおぼえていただけたらと思います。

お客様に喜ばれるお店作りを
常に「バランス」を考えております。仕事では お客様・スタッフ・経営 のバランスを考え、料理、人材配置など決めてます。それを少しずつですが日々最大限に高いレベルに上げれるようゆっくり押し上げて、長くお客様に喜ばれるお店作りができたらと思ってます。

今後の目標
桃仙閣、Jasmin の二店舗の継続的成長はもちろん永遠の課題ですが、2017年2月に東京 南麻布に新しく中国料理店をOPEN いたしますので、そちらの店舗もまたより良いお店作りができたらと思っております。

後輩の皆様へ
飲食店で勤め、料理に従事する人は、誰よりも、レストランで食べる、飲み、歓びを感じることに秀でていないといけないと思っています。専門学校在学中、卒業して就職してからも、誰よりもレストランに行き、楽しむことを続けてほしいです。
それが仕事にも繋がるでしょうし、プライベートの充実にもつながると思います。

//////////////// 2017.02 OPEN
≪茶禅華≫
2017年2月に新しい中国料理店を南麻布の高級住宅街の一軒家にオープンいたします。
中国料理の大胆な『旨さ』、日本料理の滋味深き『美味しさ』の双方の良さを引き出せるような、レストランができたらと思っております。
お料理とワイン、日本酒のペアリングはもちろんのこと、
ティーペアリングにも力を入れ、お料理とお茶の新しい調和の世界もご提案できたらと思っております。
〒106-0047 東京都港区南麻布4-7-5
/////// 代表取締役社長 林 亮治
ページトップへ戻る